電力自由化に伴い参入したHTBエナジーの狙いとは?

HTBエナジーの特徴と概要

新たに電力事業に参入した、HTBエナジー株式会社はハウステンボスのグループ会社です。
 ハウステンボスには「長崎次世代エネルギーパークテーマ館」が存在していて、太陽光発電などでクリーンエネルギーを提供しています。
 また、ハウステンボスの親会社は旅行代理店であるHISです。
全国規模であるHISの特長を活かして、また、電力自由化、2016年4月から様々な事業者から電気プランを選べるようになれるという流れに乗ることで、HTBエナジー株式会社は一般家庭向けに電力を提供し始めました。

HTBエナジーはクリーンエネルギーに定評があります

 九州の地熱発電を皮切りに、再生可能エネルギーやLNG火力発電、等クリーンエネルギーをメインとした電源の開発、保守、運用をしています。
 ちなみに、LNGは、気体の天然ガスをマイナス160度に冷却、凝縮して、容積を数百分の1にしたものであり、燃やす時の二酸化炭素排出量や窒素酸化物が他の化石燃料より少ないというメリットがあります。
 また、ここは今までの電力会社ではない新しい電力会社、特定規模電気事業者として、エネルギーコスト削減と、地球環境問題に取組んでいます。
そうした企業努力を背景に一般家庭の顧客に対しては、電気をより安く提供しています。

HTBエナジーが利用できるエリアは九州の一部地域に限られています

 品質は住んでいるエリアの電力会社の送配電設備を用いて安定した形で電気を送るので、ちょくちょく停電するというような不安定さはありません。
 ただ、北陸電力、四国電力、沖縄電力管内、そして離島に住んでいる人は残念ながら申込みできません。
しかし、ここは対象エリアを拡大しているので問い合わせてみましょう。
 そして支払い方法で口座振替はまだ出来ません。
支払いは2種類で、クレジットカードによる引き落としか、コンビニ払いです。
 コンビニで支払う場合、手数料が必要です。
クレジットカードだと無料ですのでこの方法がおすすめです。

HTBエナジーが提供している電力プランの魅力とは

 また、HISはHTBエナジーの販売代理店です。
全国に約300の店舗があり、そこの店舗で話を聞けますので、店員と顔を合わせて質問しながら話しを聞き、納得してから申し込みをしたい人には合っています。
それでは具体的にメリットを見ていきます。
そのメリットとは、既存の電力会社が設定している支払金額の5%引きがここの料金です。
 10Aから60Aまで各アンペアの基本料金を見てみると、全てのAで割引されています。
5%は他社と比べても高く、魅力的な料金プランだと言えます。
他社のセット割のプラン料金が割高だと感じた場合はここのプランが合っていると言えます。