電力自由化に参戦するauの戦略とは!?

携帯電話大手のauが電気事業に参入しました

2016年4月よりスタートする予定の電力自由化に、携帯電話大手のauが参戦します。
auは、すでにセット料金なども発表しており、予約受付が始まっています。
電力自由化とは、今までは地域を管轄している電力会社からしか電気を購入することができませんでした。
しかし、2016年4月以降は、地域を管轄する電力会社以外の会社からも電気を購入することができるようになりました。
そのため、携帯電話事業会社が電気事業に参入してきたというわけです。

auでんきも発電・送電の仕組みは既存業者と同じ

しかし、電気を発電しているというわけではありません。
電力自由化がスタートした後でも、今までの電力会社の電気を買うことになります。
利用者は、事業者に対しお金を払います。
そのうちのいくらかは、電力会社に対し「電気代」として支払いをしています。
それが、自由化の仕組みです。
要するに、「電力を買うのは自由だが、事業者は賃料を払って借りているだけ」という事になります。

KDDIの電力事業「auでんき」のサービス

KDDIの電力事業は、「auでんき」という名前で行われています。
料金形態は、「基本料金+電力量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金」を合計した金額が請求されます。
ただし、スマートフォンや携帯電話を同一事業者内で契約していた場合、セット割が適用されます。
毎月電気代の最大5%がキャッシュバックされる仕組みとなっており、キャッシュバックされたお金は、プリペイドカードにチャージされますのでコンビニエンスストアやスーパーなどで利用することができます。
キャッシュバック率は、電気代が5000円未満で1%などと言う風に決まっています。

料金シミュレーションでお得度をチェック!

また、公式ホームページでは、シミュレーションも行うことができます。
今使っている電気と比較をして、どちらの方がお得かを知ることが可能です。
シミュレーションを行う際には、「現在使っている電力会社・契約種別・契約容量・利用月」を入力する必要がありますので、予め分かるように用意しておくと良いでしょう。
総使用量も聞かれますので、検針票があれば手元に置いておくと正確な数値を入力することができます。
ただし、シミュレーションでは割引などは一切考慮されませんので、あくまでも目安として考えてください。
また、専用アプリもあり、いつでもどこでも電気の使用量を確認することができます。
今までは見えづらかった部分も見えるようになり、使いすぎに注意することが可能です。
また、使いすぎていた場合、メールなどでお知らせしてくれるサービスも用意されています。