電力自由化のメリットを考えてみよう

日本で初めての電力の自由化

電力自由化が日本で本格的に導入され、各企業がテレビCMなどで電気事業への参入を大々的にアピールしています。
今まで日本では、電気は「電力会社」と呼ばれる会社が独占的に管理していました。
独占していた分、電気料金や設備、サービス対応が安定していたと言えます。
それでは、電気を自由に供給できるようになると、どのようなメリットがあり、消費者はどのような点を意識してこの自由化を受けいれればいいのでしょうか。
「競合」と「選択肢の拡大」の2つに焦点を当てて解説します。

電力自由化によって起こる「競合」がもたらすメリット

まず、電力会社が今まで電気の供給を独占していたわけですから、自由化で企業が参入できるようになると、サービスや料金面などで競合が生まれます。
「電力会社が値上げ」という見出しは今までメディアでよく目にすることがありましたが、「値下げ」はあまり行われませんでした。
しかし、今後はむしろ企業間の競合が進み、いかに消費者に気に入ってもらえるかという点で価格競争、サービスの競争などが激化することが考えられます。
これは電力会社にとっては痛手ではありますが、消費者にとっては電力をより安く利用することができ、また、携帯電話会社などが電気事業に参入することで既存の通話サービスなどと組み合わせ、総合的な料金がお得になるということも考えられます。

「選択肢の拡大」がもたらすメリット

次に、電力会社は今まで地域ごとに限定されていましたが、これからは電気事業に参入した企業を自由に選ぶことができます。
最近では既存の電力会社のサービスも充実してきており、支払いもコンビニやクレジットカードで可能など、利便性が増しています。
民間企業が参入することにより、各企業がもともと提供していたサービスと料金の支払いを一本化できるようになるなど、より一層利便性が拡充されます。
これにより、既存の電力会社も含めて、消費者は自分の生活スタイルに適した電力会社、料金プランを選択できるようになります。

電力自由化のメリットは「競合」と「選択肢の拡大」による

以上のように、電力自由化には競合による価格競争の結果、消費者にとって優しい料金設定が増えてくること、多くの企業が参入することによって支払い方法や料金プランなどのサービスが多様化し、消費者に電力会社の選択の余地が生まれるというメリットがあります。
今まで特に意識したり選択することが無かった電力ですから、これらのメリットを理解してうまく利用することで、電力をより便利に、よりお得に利用できるようになる時代が日本に到来してきたと言えます。