電力自由化のデメリットについて

電力自由化の基本を押さえましょう

2016年4月から電力自由化が開始しますが、まだどのようなものか知らない人も多くいると思います。
最近ではワイドショーやニュースなどでも何度も取り上げられていますが、やはり実際に自分で調べてみないと理解できない部分もあります。
まず最低限、自分が利用する以上、この電力自由化とは何かについては知っておいたほうが良いと思います。

自分で電力会社を選ぶことが出来るメリット

これまで電気は決まった会社からしか購入する事ができませんでしたが、これからは自分で電力会社を選ぶ事ができるのです。
通信会社やガス会社など様々な業種の会社が参入しているので、自分の好きな会社を選ぶ事ができるのです。
電力が自由化した事のメリットは、会社が複数になる事によって、価格の低下やサービスの向上が期待できるからです。
これまでは決まった会社からのみ購入しなければいけなかったので高くても変えることができなかったのです。
しかし会社が増えることによって価格競争が起こる可能性があるため料金が下がる事も考えられます。
そのためサービスや価格を比較しながら選ぶことができるようになるのです。
それによって電気代を節約する事ができ、家計にもとても助けになると思います。

ガスや携帯電話といった他業種とのセット割もあります

また注目したいのが、新規参入業者であれば、元々の事業とのサービスの併用についてです。
例えばガス会社の電気を使えば、セット価格となり電気とガス両方の費用を抑える事ができる事も考えられるのです。
私もどのようなサービスが展開されていくのかとても楽しみにしています。

電力自由化の隠されたデメリットも意識しましょう

しかしメリットがあれば必ずデメリットも発生します。
良い面だけ見るのではなく悪い面もしっかりと見ることによって損をしない選び方ができるようになるのです。
現在デメリットとしてあげられているのが電力が不安定になってしまい、供給に問題がでるのではないかという事です。
また電力会社が増えることによって、価格競争が起こると思われていますが実は価格があがってしまうのではないかと言う予想も出ているのです。
各電力会社を選べるようになっても価格が高くては私達消費者にとっては大きなデメリットとなってしまいます。
電力自由化が始まってすぐは何かとトラブルが起こる可能性もあるため、わが家では様子を見てからどうするか決めたいと思っています。
そのように思う人もきっと多いと思うため当初は変更する人が少ないのではないかと考えています。
しかし自由化によって価格が下がったりサービスが向上したらとても助かり生活しやすくなるので期待しています。